人前でお話しするということ:2019年の記録

引き続き、2019年の振り返り。

 

昨年は人前でお話する機会がとても多い年でした。

 

3月26日 愛知淑徳大学 

    「子どもの本づくりのおもしろさ その重層性」

5月20日 千葉・子どもの本専門店会留府「本を読む子どもたち」1 

    「声と文字のあいだで」

6月17日 千葉・子どもの本専門店会留府「本を読む子どもたち」2 

     「本を深く読む」

7月6日  四日市・子どもの本専門店メリーゴーランド

     童話塾 講師

7月28日 子どもの本研究会 全国大会閉会講演会 

    「本を読むってどういうこと? 子どもの育ちをささえる本」

8月27日 神保町ブックハウスカフェ トークイベント

    「幼年文学おすすめブックガイド200」刊行記念 宮川健郎先生の聞き手

9月13日 千葉・流山市栞の会主催 @中央図書館 

     「絵本から一人読みへ」

9月29日 東京・ひかり文庫主催 @光が丘図書館  

     「読み聞かせから 一人読みへ 誘うブックガイド」 

9月30日 千葉・子どもの本専門店会留府「本を読む子どもたち」3

     「『読書家の時間』を読む」

10月19日 銀座・教文館ナルニア国 トークイベント

     「幼年文学おすすめブックガイド200」刊行記念 宮川健郎先生の聞き手

10月21日 千葉・子どもの本専門店会留府「本を読む子どもたち」4

     「ブックガイドを読む」

11月5日 千葉・鎌ヶ谷市立図書館 

     「子どもの発達とそれをささえる本選び」

11月12日 上野・国際子ども図書館「絵本からヤングアダルト文学まで―児童文学基礎講座」のうち

      絵本を担当「多彩なテーマで幅広い読者をつなぐ絵本の魅力」

11月17日 東京・光が丘 学校図書館を考える会ねりま主催

     「はじめての学校での読み聞かせ講座:低学年」高橋真由美さんと

11月27日 宇都宮 

     「明日の平和を手渡すために、子どもの本ができること」 宇野和美さんと

11月30日 沼津・子どもの本専門店グリム

     「子どもの育ちをささえる絵本〜子どもの本の多様性〜」

 

図書館や地域のボランティア団体の方からのお声がけでお話する機会が増えています。

とくに、子どもの成長とそれに伴って変わってくる選書について、話をしてほしいという依頼が多いです。新しい本の良さ、昔から読み継がれている本の良さ、どちらも伝えていきたいです。

また、昨年は「幼年文学おすすめブックガイド200」(評論社)を刊行したので、その本がらみのお話も多かったです。この分野のブックガイドは本書が初めてと言っていいので、注目されたのでしょう。

千葉の子どもの本専門店・会留府さんでは、4回にわたり、同じメンバーでお話できたことはありがたかったです。様々なテーマを設定して語り合うことができました。

 

地域に呼ばれてお話しさせていただくと、皆さん、とても勉強熱心で、子どもたちの良き伴走者、見守り手でありたいと願って活動されている姿を拝見し、胸が熱くなります。こういう方達に私の作っている本は支えられているのだな、しっかりと本づくりをしないと、と深く思う機会となっています。

 

今年もまた、作り手にお話を聞くトークイベントや年間の新刊を見渡す講演など、いくつか決まっています。

おいおい、HPやブログ、FBなどで紹介いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

コメント